空室対策の基本的なやり方とは? アパート経営の重要な業務

空室対策空室対策マニュアル

スポンサードリンク




アパート経営の重要な業務の中に、空室対策があります。

空室対策とは、空室を改善して入居率を上げることです。

それでは、空室対策の基本的なやり方についてお話します。

 

 

空室対策の基本的なやり方とは?

空室対策ってとても難しいと考えているオーナー様が多く、しかも、リフォームなどお金がかかることばかりなので・・・

そんな風に感じている方も多いと思います。

不動産投資 悩み事

 

確かにアパートの築年数が古ければ、大規模な修繕やリフォームが、必要な場合もありますし、中途半端なリフォームをするよりは、お金をかけてきれいにすることで、空室対策になるのは間違いないです。

でも、私が空室対策として考えているのは、まず、空室である現場を確認して、何をどうしたら空室改善ができるのかを考えることから始めます。

 

というのが、設備を新しく変えても家賃も上げられず、しかも、入居者が見つからずに、空室期間だけが増えていく・・・

こんな経験をされたオーナーだと空室対策が嫌になってしまいますよね。

空室である現場を確認する際に、入居者となるターゲットが誰なのかを思い浮かべることで、ハズレない空室改善の案が出てくるようになります。

 

具体的にどういうことかと言いますと、アパートの間取りが1Kだと単身者が入居します。

その単身者の属性までを予想します。

・新入生の学生
・住み替えの学生
・新社会人
・住み替えの社会人
・転勤者

あと、男性なのか、女性なのか、

細かくいうと年齢まで絞り込みます。

そうすることで、予想した入居予定者が興味を持ってくれる、あれば便利なものなどが分かってきます。

 

インターネット使い放題

例えば、学生ならインターネット世代になるので、家賃の中にインターネット費用が含まれていれば、毎月5,000円ぐらいのネット費用も節約でき、喜ばれると思います。

他にも、押入れが少ないとか、ない部屋には

簡易クローゼットを購入して設備として置いておくなど、その現場、あるいは予想ターゲットの属性によって、空室改善の方法が変わってきます。

例を挙げたような空室対策だと、何十万円もかかったりするリフォームや大規模修繕でないことが分かりますよね。

つまり、お金をかけなくても予想入居者のターゲットが分かれば、ピンポイントの空室改善が可能になります。

しかも、これを繰り返し続けていくことで、予想ターゲットと空室改善の誤差がなくなってきます。

そうなると、この部屋はこうやれば
入居者が決まる!

というのが、空室改善する前に分かってしまいます。

つまり、入居率が上がり、満室期間が長くなり、収入も増えるという結果になります。

以上が空室対策の基本的な考え方とやり方です。

 

場所が決して良くないのに、いつも満室に近い入居を確保しているアパートがあれば、それは、ターゲットをしぼった空室対策を実施しているオーナーなのかもしれません。

ぜひ、参考にしてみて下さい。