利回りだけで購入すると後悔することに 将来利回りが大切

不動産投資 初心者物件を購入する時ポイント

スポンサードリンク




アパートや一棟マンションを買う時の指標の一つに

利回りで購入判断している投資家がいます。

 

 

現況利回りと将来利回りについて

利回りには、現況利回りと将来利回りがありまして

現況利回り・・・現在(購入時)の満室利回り

将来利回り・・・数年後の満室利回り

アパート 共用清掃

 

 

購入時には、利回りが高かったのに、数年後には家賃が下がってしまい
返済が苦しくなる・・・なんてこと、聞いたことがあるかもしれません。

それは、現況利回りを重視して、物件を選んでいるためです。

日本では、今後、人口減少が予想されているので、供給過多になれば、家賃が下がってくることが予想されます。

 

現況利回りだけで判断して、アパートや一棟マンションを購入していると、将来、家賃の減少により、返済比率が悪くなることで、アパート経営の運営に大きく影響を及ぼす可能性があります。

不動産紛争トラブル

 

過去の日本において、家賃が上がっていた時代も確かにありましたが、それは、東京や大阪など都心部の一部でしかありません。

ほとんどの地域においては、家賃が下がる地域になるので、現況利回りをみて購入するのではなく、将来利回りをみて購入判断をすることで、リスク回避をすることができます。

 

 

将来利回りの算出方法

将来利回りの算出方法ですが、ある程度の予想を立てる必要があるので、分からない方は、不動産会社に聞いてみるのがいいと思います。

また、最近では、インターネットで賃貸情報が見れるので、購入予定地の近隣物件情報を確認する方法もあります。

間取りと平米数の一覧を作り、平均値を出した家賃に対して、10%~20%ダウン(地域によって幅あり)の将来利回りで算出して、購入検討するといいでしょう。

不動産投資 計算方法

 

ただ、将来利回りが算出できないときには、現況利回りで購入するしかありません。

その際には、満室想定の現況利回り12%以上の価格で、購入すると比較的安全ではないかと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。