入居率を高める方法 誰でも出来る空室対策のポイントとは

空室対策空室

スポンサードリンク




不動産投資のアパートやマンションを所有されているオーナーでしたら悩みどころで優先順位が高い項目に【空室対策】があります。

 

空室が長く続くと収入が減り、銀行で借り入れして建てているアパートマンションでしたら、銀行への返済が苦しくなり、最悪にとしては競売になり、自分の所有物でなくなります。

自分の所有物でなくなるだけでなく、返済分が当然残るので毎月さらに返済していく必要があります。

賃貸マンション

 

一旦、競売などになると再度、銀行で借り入れしようとしても信用力がなくなっていますので、かなかな貸してくれません。

 

たかが空室と言えども、後のことを考えれば、早く空室の期間を減らす対策が必要になってきます。

現在、所有物件で空室がありましたら、下記のポイントに大きく分けての対策が必要になってきます。

 

■借り手にアピールする。

■商品の魅力を高める。

■長く住んでもらう

 

シンプルに言いましたが、簡単そうでめちゃくちゃ奥が深いです!!

 

順を追ってもっと詳細に言いますと・・・

 

借り手にアピールする方法ですが

これはどうやって空室の情報を借り手に提供するかということです。

空室情報は、通常 不動産会社へ依頼すると空室の募集をしてくれます。

また、オーナー自らもアパートやマンションに看板やのぼりを上げてアピールします。

→借り手にアピールする具体的な方法はこちら♪♪

 

 

商品の魅力を高める方法ですが

室内の設備の充実やリフォームをしたりしての資産を高めたりします。

今募集している賃料を下げないで付加価値をつけて魅力を高めます。

→お金のかからない商品の魅力の高める具体的な方法はこちら♪♪

 

 

長く住んでもらう方法ですが
現在、アパートやマンションに住んでいる人がさらに長く住んでもらえるような企画を立てたりすることです。
企画内容は、数多くありますが、家賃を1ヶ月サービスしたり、旅行券を贈ったりして退去させない仕組みを作ることです。
早く言えば、入居者がここのアパートマンションに入居する(入居していると)得だなと思わせる仕組みが大切になってきます♪♪
ポイントとしては、オーナーの都合で考えるのではなく、実際に入居する人の立場で考えること!!

→入居者に長く住んでもらう具体的な方法はこちら♪♪

 

入居予定者は入居決定するまでに、いろんなアパートマンションをインターネットや雑誌で見たりして情報を集めて、実際に見に行って最終的に決めますので、得だと思わせてここに決めるという何かが必要になります。

 

さらに具体的な対策となると費用がかかるものから、あまりかけなくてもいい対策もあります。

細かく見て行きましょう♪♪