賃貸アパートを売る前に 自分で売却査定して金額を知りたいオーナーはこちら♪

賃貸アパート 売却賃貸経営マニュアル

スポンサードリンク




賃貸アパートを売りたいと考えているときに

自分でもだいたいいくらぐらいで売れるのかの

相場が知りたいというオーナーに見て欲しい情報です♪♪

 

 

賃貸アパートを売りに出す前に

不動産を売りたいときには、知り合いの不動産会社や近くにある
不動産会社に声をかける場合が多いと思いますが、
まず、自分である程度の金額が知りたいと思うことってありますよね?

 

不動産投資物件 売却査定

自分でも知っておかないと、安く査定されたり、
相場より高く売却依頼を受けてくれたけど
なかなか売れない・・・なんてことにもなりかねません。

 

そうならないためにも知識として知っておくと
いいと思います。

 

 

賃貸アパートの売却査定の方法は

賃貸アパートのような収益物件と呼ばれている不動産は
一般の土地や一戸建て、分譲マンションの売却査定とは
少し考え方が違います。

理由は、家賃収入があるからです。

家賃支払い状況

 

土地や一戸建て、分譲マンションは基本的に
自分が住むために購入する場合が多いのに対して

賃貸アパートやテナントビルなどは
投資目的として購入する場合がほとんどだからです。

 

聞く言葉で、

利回り●●%

見たいな広告を見ることがありますが、
この広告を見たら投資物件として販売している
とみていいです。

→利回りについての詳細記事はこちら♪♪

 

 

さて肝心の一棟売りの投資物件の査定方法ですが

ほとんどの不動産会社は、収益還元という方法

売却査定していますので、所有のオーナーでも簡単に査定できます♪

 

収益還元法とは、実際の収入をもとに利回りで判断して査定する方法です。

 

実際の事例を参考にしてみますと

家賃収入が毎月50万円あるとして
※収入には家賃、共益費、その他(太陽光売電など)を入れる

年間収入は、600万円になります。

 

利回り計算は、下記のようになります。

[deco_bg image=”postit1″ width=””]

600万円÷10%=6,000万円

600万円÷11%=5,450万円

600万円÷12%=5,000万円

[/deco_bg]

 

購入者の目線でいうと表面利回りが

10%以上の賃貸アパートやマンションを狙っているので、
10%以上の利回りが出る売却価格にすると

売却できる可能性が高くなる訳です。

 

一般的な考えであくまで売却価格の指標になるので
地域や土地の広さ、建物が敷地内に複数建っている場合などは
価格が変わってくることがあるので、自分が売却する前に

判断するためのものと捉えていただくといいです。

今の賃貸アパートがどのぐらいで売れる?

というのが知りたい場合には、不動産会社に聞いてみるのが
一番だと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

近くの不動産会社に声をかけにくいときは、
下記のような一括査定サイトを利用すると
無料で売却査定をしてくれます♪♪

気になった人は、詳細を確認してみてください。

↓  ↓  ↓