アパート購入の目安 戸数や金額など指標が知りたい方へ

不動産投資 アパート物件を購入する時ポイント

スポンサードリンク




アパートを今から購入したい投資家さんにとって

戸数や売買価格、自分の属性、一般的な指標が知りたい方に

どうぞ、参考にしてほしいと思います。

 

 

戸数と売買価格の関係

アパートや一棟マンションなど、収益事業用不動産は
戸数が多くなるほど、売買価格が大きくなります。

それは、家賃がどのぐらい月や年間で収入があるのかで
売値が決まる収益還元法で査定が行われているからです。

初めて不動産投資をしようと考えている方にとって
売値が5,000万円を超える物件については、あまりおすすめしません。

なぜかというと、本人の属性によりますが
現金をいくらもっているのかや働いている給料所得が
年間どのぐらいあるのかなど、物件価格や利回りに応じて審査が行われるからです。

つまり、5,000万円以上の一棟売り不動産を購入するためには
それなりの年収が必要になりますし、現金も2割ぐらい持っていないと
銀行も融資を基本的にはしてくれません。

不動産投資 利回り計算

 

 

それでは、サラリーマンで不動産投資は難しい?
そう思われるかもしれませんが、一概には言えません。

不動産投資 初心者

 

日本各地には、一般サラリーマンが一から不動産投資を始めているのも事実です。

現に、私も一般サラリーマンですし、親が資産家でもないので
銀行から融資をしてもらい、不動産投資の経営をしています。

これは、不動産投資を始めるときの私の感覚ですが
今働いている仕事の年収が400万円以下なら2,000万円前後の
不動産投資物件がいいと思います。

年収が400万円以上800万円以下でしたら、2,000万円~6,000万円ぐらいまでの
不動産投資物件を購入するといいでしょう。

800万円以上の年収がある方は、6,000万円以上の物件でも
融資をして頂ける銀行は多いのではないかと思います。

要するに、最初に始める不動産投資は
自分の身の丈にあった価格帯ではじめて、次回購入するときに
徐々に大きめの物件にチャレンジするのがいいと思います。

そのほうが、不動産投資の経営感覚を磨くことが出来るし
アパート経営の内容が良ければ、銀行の評価も良くなり
さらに次の融資もしてくれるからです。

銀行融資

 

 

あと、人物的な属性と呼ばれていることですが
勤続年数や職種は、各銀行内でランク分けされているようです。

特に勤続年数が短いと、融資条件が悪くなったり
融資が出来ないこともあるようなので
出来るだけ長く勤めているほうが有利です。

とにかく、不動産投資を始めるには
銀行融資を受ける方が多いと思いますので
友人や知人から銀行の担当者を紹介してもらうのがいいです。

友人や知人以外にも自分が支払っている住宅ローンの銀行や
銀行へ直接訪問して、不動産投資の担当者に挨拶するなど
実行してみるのがとても大切です。

ぜひ、参考にしてください。