アパートの成約率を上げ空室を減らす室内の改善ある?

共用灯初めての不動産投資

スポンサードリンク




アパートの成約率を上げて、空室を減らすための

室内の改善方法について書いてみたいと思います。

 

 

お金をかけずに室内の改善方法を考える

空室を減らすことができる室内の改善方法は数多くありますが
お金をかけずに成約しやすくする方法は、意外と難しいと思っていませんか?

困っている賃貸オーナー

実は、室内のちょっとした事の改善で、成約率がアップして
空室が決まることが多々ありますので、ぜひ参考にして下さい。

空室対策

 

空室に入ってみて下記の部分をチェックしてみましょう。

・玄関ドアノブや室内のドアノブ、引き戸の取っ手

・キッチンの水栓金具(ステンレス部分)、お風呂や洗濯機の水栓

・浴室やキッチン、サッシなどの錆

・スイッチボタンやコンセントカバーの変色やくすみ

・エアコンやインターホンなど設備が見た目に古い

・シャワーヘッドやシャワーホース、シャワーハンガーが古い

・床のくすみや細かな傷、日焼け跡

などなど、

不動産購入 トラブル

 

室内に入ってみて、上記の目線でチェックしてみると
美観が悪い部分が、数多くあるはずです。

その美観が悪い部分は、部屋を見にきている入居予定者が
悪い物件ではないけど、決め手が今一つと感じるポイントであります。

決め手に欠けるのは、家賃でも場所でもなく
何となく部屋が暗いイメージがするとか
具体的に説明ができない部分にもなります。

 

ただ、リフォームと言えば、高額になってしまうので
そんなお金はなかなかかけられないというオーナーも多いと思います。

でも、上記の目線でチェックした項目だと、ホームセンターなどで
安く売っていますし、器用な人だと自分で交換もできる内容です。

リフォーム業者や不動産会社に空室対策を任せてしまうと
何十万円以上かかるリフォーム提案など多いため、自分でチェックして
考えてみることが必要です。

遠方のオーナーは、頻繁に物件には行けないので
客付けしている不動産会社や管理会社に室内写真を撮ってもらい
メールなどで送ってもらうといいです。

その際の写真撮りのポイントですが、上記の目線で
近い距離で撮らないと分からなくなりますので
依頼するときにしっかりと伝えましょう。

大きなお金をかけなくても成約率を上げて
空室を減らす仕組みはいろいろとありますので
自分でやってみて下さい。